新刊『あなたの「そこ」がもったいない』(菊乃 著)/真実の恋はもう目の前なのに。

マジメ女性の婚活が
なかなか実を結ばない理由とは!?

学生時代からこつこつマジメに勉強して、就職活動もそれなりに頑張った。念願かなって、そこそこ良い会社にも入れた。しかし、ふと気がつくと、周りの友人はどんどん結婚し、自分だけ恋人、ましてや好きな人もいない状況。

もしかして、あなたのその「マジメ」さが婚活を阻んでいるのかも。

「モテたい!とまでは思わないけど、真実の恋を見つけて幸せになりたい」と願う女性のための マジメな恋愛書『あなたの「そこ」がもったいない。』から、なぜ『マジメ女子』は 恋愛がうまくいかないのか?その”もったいない”理由をご紹介します。

その”マジメさ”がもったいない~素敵さが隠れちゃう~

正直すぎる自己紹介はちょっと待って

もし、あなたが初対面の男性に「休みの日は何をしていますか?」と聞かれた場合、 なんと答えますか?

男性には理解できないような「エステ」「フラワーアレンジ」と女性特有の趣味を上げてはいないでしょうか? これらの趣味はあなたの休日に男性が入り込める余地がないように聞こえます。これでは会話が一瞬で終了してしまいます。

初デートにつなげるために、下記のように言い方を工夫してみましょう。

※菊乃さんへ直接恋愛相談(スカイプまたはラインなどのビデオ通話)は15分です。

※「Mote-Po」とは恋愛作家菊乃さんとメイクアップアーチスト片桐愛未、デザイナー伏野りえが連携して生み出したカワイイと使いやすいを両立した恋愛運が上がるポーチです。

セット価格:7,000円(税込み)

▼ 下記商品リストから化粧ポーチ「Mote-Po」のご希望のカラーをお選びください。

Mote-Po カラー

菊乃さんに聞く”マジメ女性”の恋愛相談

Q.そもそも出会いがないのですが、どうすればよいでしょうか。

――菊乃さん:

まず身近な人に紹介してほしいと言ったことはありますか?お会いする人の数を増やすことが大切です。1か月に2人くらいを目途にして、3か月に一度結果を振り返りましょう。それでもなかなかお会いできないのであれば、プロフィールや写真などを工夫してみてください。

何人かお会いしていくうちに、相手の反応を見て、自分に似合うメイクや服もわかってくるでしょう。アクティブに行動することが大切です。

Q.デートが一度きりで終わってしまって、次につながらないのですが。

――菊乃さん:

一度のデートで終わってしまう方は「リアクションが薄い方」が多いようです。例えば、相手がサッカーの話をしてきて「へ~」などで終わっていませんか?会話を膨らませる努力をしましょう。本書に会話を膨らませる「合コンさしすせそ」という方法があるので、ぜひ試してみてください。

またキャリアウーマンにありがちですが、お相手の仕事の話に対してマジメに「問題解決」しようとする方がいます。これもNGです。

Q.ただ、現在生活の8割が仕事なので、仕事の話もしたいのですが……。

――菊乃さん:

仕事の話をするのであれば、仕事で経験した楽しかったことを話しましょう。デートは会議ではありません。仕事モードに入ってはいけないのです。

Q.菊乃さんは自然体ではなく、「行動すること」を述べていらっしゃいますが、誘う勇気が持てず、悩んでしまった場合はどうしたらよいでしょうか。

――菊乃さん:

まず恋愛で悩んだ時に、「一人で悩むこと」「女子会(女友達に相談する)」はNGです。くれぐれも相談先を間違えないようにしましょう。女友達は自分を擁護してくれたり、「相手が悪かったんだよ、次行こう」などと言うはずです。相談をするのなら、「行動力のある人」または「結婚している人」など自分を後押ししてくれる人にしましょう。

菊乃メソッドで理想の人生がはじまった人

◎生まれてはじめて彼氏ができました。(30代・銀行勤務)

◎職場の男性が優しくなった。仕事も恋愛も順調になりました。(20代・看護師)

◎10才年下の彼氏ができました。(40代・教職)

菊乃さんの想い~真実の恋を求めているすべての女性へ~

恋愛・婚活スペシャリストの菊乃さんから、『あなたの「そこ」がもったいない。』を執筆するにあたり、その伝えたい想いやこれから真実の恋を見つけて幸せになりたいすべての人へメッセージを いただきました。

とにかく「継続」。諦めないで。

真実の恋を見つけることは、とにかくあきらめずに、「継続」することが大切です。何度も失敗をすることで、心が折れてしまうこともあります。しかし、就職活動と同じで、あきらめずに挑戦する心が大切です。

本やブログでは、恋愛に関する「かけひき」「脈あり」など理解しにくい言葉は使わないようにしてあります。恋愛初心者でもわかりやすいため、諦めずにぜひ挑戦し続けてください。

「身なり」はいつもきちんと。そして「行動」すること

私は恋愛相談やセミナー講師をしているのですが、ご相談者で「不倫」や「だめんず」などいわゆる”変な男性”しか寄ってこないという女性がいました。そのような女性は、たいてい身だしなみがきちんとしていない方が多いです。恰好が幼すぎたり、髪の毛が痛んでいたり。そういう方は相手から軽く扱われる傾向があるようです。

セーターの首からインナーが見えていたり、毛玉がついている服もよくありません。またスピリチュアルにすがりついて、占いにはまったり、お守りをたくさん持ち歩いている人も「努力した気分」になって、実際行動していない人が多いようです。

恋愛は「対人関係」です。普段から品のある行動を

恋愛について、品定めから入るのはやめましょう。またお相手に対して、好みじゃない、という理由からメールの返信をしなかったり、ぶしつけな態度をとることもやめましょう。恋愛は対人関係です。ぶしつけな態度はあなたの評判を落とし、誰もあなたに人を紹介しなくなるでしょう。普段から身なりに気をつけ、品のある行動をしましょう。

※菊乃さんへ直接恋愛相談(スカイプまたはラインなどのビデオ通話)は15分です。

※「Mote-Po」とは恋愛作家菊乃さんとメイクアップアーチスト片桐愛未、デザイナー伏野りえが連携して生み出したカワイイと使いやすいを両立した恋愛運が上がるポーチです。

セット価格:7,000円(税込み)

▼ 下記商品リストから化粧ポーチ「Mote-Po」のご希望のカラーをお選びください。

Mote-Po カラー

販売サイトはこちら(書籍のみ)

あなたの「そこ」がもったいない。(菊乃 著)/真実の恋はもう目の前なのに

Copyright (c) 1999-2016 Subarusya Corporation, Japan. All Rights Reserved.